瀬波南国フルーツ園 営業時間10:00〜18:00 ジェラートがなくなり次第終了

トップページ

更新情報

南国フルーツ

ジェラート

ショッピング

アクセス

周辺フォト

循環型農業

稲作風景

リンク

ブログ

フェイスブック

観光スポット

贈り物












循環型農業

バイオマス資源(食品残)で創出されたエネルギー(温熱・電気)によって、南国の果樹を生産可能な温室ハウスを建設。 
未利用の温泉熱エネルギーやバイオマス資源からエネルギーを利用することによりCO2などの温室効果ガスを抑制します。
バイオマスプラントから出る発酵残渣を堆肥として利用することで、食品残渣を資源として農地還元できる循環型社会の形成に貢献することを目的にしています。


平成22年7月12日付で環境省「温室効果ガス排出削減・吸収クレジット創出支援事業」に おいて当社の事業案が採択されました。
これにより「バイオマスエネルギープラント」の導入を実施いたします。
この事業は、新しいCO2排出削減方法について実際にどのくらいCO2が削減可能なのかを調査、実証する事業です。
今まで多額の費用やエネルギーをかけて処分していた地域の産業廃棄物(食品残渣や下水汚泥)をエネルギーや堆肥・液肥に変換することにより、従来消費していたエネルギーを限りなくゼロに抑制します。
さらにバイオマスエネルギープラントより創出されるバイオガス(メタンガス)により温室ハウス内の温度調整を行うため、温室ハウスのエネルギーコストも限りなくゼロになります。
「エネルギー消費抑制」「新エネルギーの創出」「CO2排出ゼロ」と環境に優しいエコロジー事業となっております。
このような事業は日本全国で初めての試みとなります。

環境省 温室効果ガス排出削減・吸収クレジット創出支援事業

新規排出削減・吸収分野開拓事業
株式会社 開成 新潟県
瀬波温泉地区の食品残渣や下水汚泥などを活用してバイオガスを生成し、地域農業用に用 いるボイラー等の化石燃料代替として用いることで、CO2排出量の削減を行う。 採択結果はこちら

乾式メタン発酵 バイオマス事業



温室ハウスへのエネルギー供給は、瀬波温泉の宿泊施設から排出される食品残渣からバイオマスガス(メタンガス)を発生させ、ガスコージェネレーションシステムから温熱と電気を創出します。
温室ハウスで生産された果樹や加工製品は、地元市場に優先して出荷し、地元の新しい特産品として全国の市場に供給していきます。




平成13年
村上市地域新エネルギープラン(村上市地域新エネルギービジョン)
平成15年
瀬波温泉未利用エネルギー活用地域熱供給システム事業調査
平成18年
新潟におけるパッションフルーツの試験栽培開始
平成20年
パッションフルーツの寒冷地用品種改良に成功
平成20年
瀬波温泉熱利活用温室ハウス及びバイオマス発電事業化可能性調査
平成21年
瀬波温泉熱利用型ハウスの建設
平成22年7月12日
環境省「温室効果ガス排出削減・吸収クレジット創出支援事業」に おいて当社の事業案が採択されました。




事業主体
株式会社 開成
利用エネルギー
温泉熱(温泉排湯) バイオマス(食品残渣)
創出エネルギー
発生したバイオガス(メタンガス)から温熱と電気を確保し、発酵槽からの残渣は堆 肥・液肥として利用
事業効果
エネルギーコストを年間に3000万円削減
波及効果
地域における農業の活性化
新しい地元特産物の創出
産業観光による地元観光の活性化


バイオマス循環型農業 視察


民間企業や行政機関の視察、教育機関の見学や研修なども承っております。
興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください。
瀬波南国フルーツ園  新潟県村上市瀬波温泉1-1176  TEL0254-52-5060 Copyright (C) 2011 Senami Nangoku Fruits en All Rights Reserved.